C値(気密値)って?/飯塚オフィス

飯塚オフィスの黒土(くろッチ)です。

C値(気密値)って、御存じですか?

住宅の性能に興味をお持ちの方は、よくご存じだと思います。

プラスエム設計では、燃費の良い家(高性能住宅)をデザインします。

燃費の良い家にするためには、断熱、遮熱、換気、外部サッシなど様々な性能のバランスが大切だといわれています。中でも大切な性能の一つが、C値(気密値)です。

C値は、現場の施工精度を数字で見ることができます。飯塚オフィスでは、気密試験を実施し、施工精度を確認しています。

画像の説明

画像の説明

C値は数値が小さいほど気密性が高く、性能が良くなります。
以前、国が定めていた高気密住宅の基準は、C値=5㎠/㎡以下。
一般的には一般的にはC値=2㎠/㎡以下で、高気密をうたっているようです。

限りなくC値を小さくすることを目標としているマニアックな方もいますが、飯塚オフィスでは、気密性能だけではなく、断熱、遮熱、換気、外部サッシ、そしてコストのバランスが大切と考え、C値=0.7㎠/㎡以下としています。

試験結果は、0.4㎠/㎡。目標値以下の高性能であることを確かめることができました。

画像の説明

資料請求・無料相談のお申し込みはこちら

#家づくりを楽しむ #原価で建てる #住宅設計 #店舗設計 #おしゃれな家 #おしゃれな店 #燃費の良い家 #地震に強い家 #自然素材 #オープンシステム #分離発注 #ちくほうの家 #東アジアのド真ん中 #福岡のド真ん中 #筑豊 #ちくほう #飯塚市 #飯塚 #ネロボタニカ #nerobotanica #プラスエム設計 #飯塚オフィス #4人の子育てを経験した一級建築士