Q:+M方式の場合、設計事務所はどのような役割を担うのでしょうか?

プラスエム設計(設計監理者)は、設計部長・工事部長のような立場で建て主を補佐します。建築業界の仕組みや慣習、あるいは建築基準法や建設業法などによる法的な制約、そして住宅の耐震性能や断熱性能など、できる限りわかりやすくお話しします。
 
実務では、設計のアイデアを出し、コストを分析し、スケジュールを調整して、建て主が家づくりを十分楽しめるよう段取りします。また、建築に必要な申請業務、住宅ローンや助成金の相談、専門業者の契約事務なども行います。
 
施工業者と利害関係を持たない設計監理者は、建築の品質を確保する上で要の位置にいます。各工事の要点を検査し、施工に不備があれば手直しを指示し、それらの結果を建て主に報告します。

より分かりやすく例えると、設計事務所に設計と工事監理を依頼し、施工を工務店に依頼する場合とほぼ同じとお考え下さい。しかし、それだと建築工事費に設計事務所に支払う設計監理料が加算され、予算にゆとりのある建て主しかできません。プラスエム設計は、分離発注方式で施工することで工事費を抑制し、誰でも依頼できるように考えました。ハイグレードの住宅を僅かな予算アップで実現できるところが自慢です。


Q&A一覧


スクリーンショット 2018-10-05 8


プラスエム設計ロゴ

営業時間:9:00〜18:00
休日:土日祝・盆・年末年始
ご予約を頂いたお客様は営業時間外・休日も対応させて頂きます。

米子office 鳥取県米子市加茂町2丁目180
飯塚office 福岡県飯塚市弁分409-1