花火を観覧する家

軒の出を抑え高基礎にした外観は白い倉を連想させます。このあたり一帯は水災害が予想され、その対策を講じてほしいという建築主からのご要望がありました。高基礎の上限は水災害の予想水面よりも高く設定して、床上浸水の憂いを除きました。また高くした床下は収納スペースに利用されます。


外観

前面道路に面した玄関は宍道湖からの強い海風を受けます。防風の意味でコンクリート塀を前面に構えて、階段を挟んで高い玄関ポーチへの安全なアプローチを確保しました。


画像の説明

LDKの中心には大黒柱を建て、広い空間を支えています。オープンキッチンからはリビング、和室、ウッドデッキまで見渡せます。

画像の説明

和室の正面にはウッドデッキがあり、その下の中庭に昇降できるように階段が設置されています。そこまで降りてペットのワンちゃんたちは走り回ったりシャンプーしたりしています。


画像の説明

木を活かした明るい事務所が併設されています。木は働く環境にやさしいという社長である建築主の従業員さんたちへの配慮です。


画像の説明

屋上のテラス。水郷祭の花火を見るためにつくられました。宍道湖の夕日も見渡せる気持ちの良い空間です。



スクリーンショット 2018-10-05 8


プラスエム設計ロゴ

営業時間:9:00〜18:00
休日:土日祝・盆・年末年始
ご予約を頂いたお客様は営業時間外・休日も対応させて頂きます。

米子office 鳥取県米子市加茂町2丁目180