命と資産を守る

住宅の耐震設計

私たちは、現行の建築基準法の1.5倍以上の耐震性能3を確保します。また、簡易な「壁量計算」ではなく、鉄筋コンクリートや鉄骨造と同じように、許容応力度計算により耐震性能3を確保します。


熊本地震で学んだ
耐震性能の重要性

震度7に2度襲われた熊本地震では、建築基準法の基準で建てられた住宅であっても、多くの倒壊事例が報告されました。ところが、建築基準法の1.5倍以上の耐震性能で設計された住宅は、ほぼ被害がないか軽微な被害状況でした。

そのため、広々と解放的な吹き抜けや、大きなテラス窓など、「カッコよさ」より耐震性を優先させていただく場合があります。どちらを優先させるかは、構造計算によって決めます。かといって、決して「ダサイ」建物にはしません。ちょとだけ、斬新すぎるデザインを生活しやすいデザインにするだけです。


スクリーンショット 2018-10-04 10


プラスエム設計ロゴ

営業時間:9:00〜18:00
休日:土日祝・盆・年末年始
ご予約を頂いたお客様は営業時間外・休日も対応させて頂きます。

米子office 鳥取県米子市加茂町2丁目180
飯塚office 福岡県飯塚市弁分409-1