Q:施主(建築主)が現場管理者として責任を負うことになるのでしょうか?
プラスエム設計の手法(分離発注方式)は、現場管理者(現場監督)が不在で、何かあったら施主自身が現場管理者として責任を負うことになるのでとても危険な方法、よく考えてから決めた方がいい、と専門家からアドバイスを受けました。

A:そのようなことはありません。もしそうだとしたら、分離発注方式を選ぶ施主などいなくなるでしょう。

建築工事に現場管理者を置かなければならない、という法的な定めはありません。そもそも現場管理者とは、建築工事を請負った業者が工事現場での打合せや進捗状況の把握など、工事が円滑に進むように配置している職名です。現場監督と言われたりもします。法的な定めは無いので、現場管理者には建築士の資格を有する等の制限もありません。

工事が円滑に進む仕組みが整えられているか、ということが大事です。プラスエム設計では、設計監理者が施主の委任を受け、施主と専門業者間の調整役となり、工事が円滑に進むよう施工に関するマネジメントを行います。





スクリーンショット 2018-10-05 8


プラスエム設計ロゴ

営業時間:9:00〜18:00
休日:土日祝・盆・年末年始
ご予約を頂いたお客様は営業時間外・休日も対応させて頂きます。

米子office 鳥取県米子市両三柳5056
飯塚office 福岡県飯塚市弁分409-1