zoom-2.png

画像の説明


理にかなった手法で

家づくりのパフォーマンスを最大化

妥協したくない施主、方法を考える設計者、形にする専門業者。三者はイコールパートナーです。それぞれが役割を担い、施主の「譲れない思い」を実現しようと力を発揮します。オープンシステムは、シンプルで理に適った建築手法です。


op.png


画像の説明

実勢価格をくまなく把握できる分離発注方式。これまで施工業者に委ねられていた建築工事費を、設計事務所がコントロールできるのは画期的です。それにより、設計や施工の自由度が飛躍的に増し、施主の思いがより実現可能になりました。


画像の説明

斬新な建築手法は、仕事の形に現れます。家づくり内閣発足を思わせる業者契約会。塗って楽しみ、予算を節約し、メンテナンスに役立つDIY。打合せ議事録や工事報告を受け取る施主を中心にした情報の共有など。以下、特徴的な仕事の形を紹介します。


職人と直契約で

家づくり内閣が発足

契約会

オープンシステムでは、施主(建築主)と専門業者の契約会を行います。一業者ずつ挨拶を交わして契約を終えると、「家づくり内閣」の発足です。施主が総理大臣で、大工の棟梁が幹事長で、設計監理者は官房長官というところでしょうか。それぞれの役割は違いますが、目的は一つ。皆で情報を共有して、いい家をつくることです。


塗って楽しみ

費用を浮かすDIY

スクリーンショット 2019-04-21 10

オープンシステムは設計も施工も自由度が高いので、家族でDIYを楽しむことができます。塗って楽しみ、費用を浮かし、メンテナンスにも役立ちます。自分の家ですから遠慮することなどありません。ぜひワガママを叶えてください。プラスエム設計が施工をマネジメントして、施主と専門業者間を調整します。


施主を中心に

MLで情報の共有

スクリーンショット 2019-04-23 13

世界でただ一つの、オリジナル住宅。わがままやこだわりを実現します。既製品ではなく特注品ほど、施主の要望をより確実に反映させる仕組みが必要です。そこで重要となるのが施主を含めた関係者全員による情報の共有です。打合せ議事録、工事監理報告、専門業者の施工報告などが配信されます。


設計事務所による

施工マネジメント

画像の説明

施主(建築主)の委任を受けて、プラスエム設計が「設計・監理」と「施工マネジメント」を行います。施主(建築主)の思いを反映させる自由な設計。設計通りに施工されているかをチェックする工事監理。施工業者の選定・価格の査定・工程の調整などを行う施工マネジメント。施工業者と利害関係を持たない設計事務所だからこそ、できることです。


透明性を確保して

施主の利益を守る

日本の家づくりは、ほぼ全てが「一括発注方式」です。しかし、世界ではオープンシステムのような家づくりが普通に行われています。ベースとなっているのは「分離発注方式」です。職人の顔が見え、お金の流れも見え、施主(建築主)の想いがダイレクトに反映されます。

1970年頃、建築工事の透明性を求める施主の要望に応え、アメリカでCM(コンストラクション・マネジメント)という方式が始まりました。オープンシステムは、住宅など小規模建築物を対象に、日本で生まれたCM方式です。工事を請負わない設計事務所が「設計・監理」と「施工マネジメント」を担い、理想の家づくりを実現します。

分離発注と一括発注

通常、設計事務所に依頼すると、建築会社の工事費とは別に設計事務所の業務報酬が加算され割高になります。しかし、オープンシステムの場合は「分離発注」の効果で、トータル費用を抑えることができます。


スクリーンショット 2018-10-05 8


プラスエム設計ロゴ

営業時間:9:00〜18:00
休日:土日祝・盆・年末年始
ご予約を頂いたお客様は営業時間外・休日も対応させて頂きます。

米子office 鳥取県米子市加茂町2丁目180
飯塚office 福岡県飯塚市弁分409-1