建築革命宣言

オープンシステム誕生

何か変。どこかおかしい。こう思っていたのは、私だけではありませんでした。私と同じ建築設計の仕事をする人たちにもいました。それだけではありません。工事現場で働く職人たちもそう感じていました。

画像の説明


建築業界で、ある変化が起きています。ゼネコンが介入しないでビルが建設され、ハウスメーカーや工務店が介入しないで家がつられ始めています。建築主自らが、あたかもゼネコンや工務店のような機能を持ち、大工、左官、内装などの専門工事業者と直に契約を交わしてつくるのです。

こういう発想は古くからありました。だけど実際、誰にでもできることではありませんでした。それが今、普通のサラリーマンが、このようにして家をつくり始めました。もちろん、建築の経験も知識もない、ごく普通のサラリーマンです。

家づくりの発想を大きく変えたのは、新しい建築手法に取り組む、私たち設計事務所の集団です。私たちは建築主の話にじっと耳を傾け、何度も対話を重ねてきました。建築主の思い、街並み、個性を大切にしようとしています。建築材料や性能にもこだわっています。価格を透明にして、無駄な部分を排除するよう務めています。

最初は小さな流れでした。ある取り組みが、他の設計事務所の共感を呼び、目立たないところで少しずつ始まりました。やがて同じ志を持つ設計者が集まり、ネットワークが生まれました。知識や経験の共有、レベルアップのための研鑽、ネットワークを活かした建築資材の共同購入など、様々な試みが始まりました。

今、この取り組みは全国各地に広がりつつあります。派手な宣伝や広告をすることもなく、口コミを最大の武器としました。技術者は、日々の業務と成果をありのままに見てもらうだけでいい。こういう考えを基本に据えました。

スクリーンショット 2019-04-21 12

私たちの取り組みには、常に問題や課題がありました。一つ乗り越えると、また新しい課題が待っていました。おそらく、どこまで行っても、これでよしという終着点はないでしょう。いつも変化し、いつも進化しているのが私たちの建築手法です。



スクリーンショット 2018-10-05 8


プラスエム設計ロゴ

営業時間:9:00〜18:00
休日:土日祝・盆・年末年始
ご予約を頂いたお客様は営業時間外・休日も対応させて頂きます。

米子office  鳥取県米子市両三柳5056
飯塚office  福岡県飯塚市忠隈71-4
東京office  東京都港区南青山3-1-3