ワンルームケア介護住宅

本人&家族&介護STAFF「みんな楽ちん」な介護住宅。クライアントのSY様は、交通事故で全身不随になりました。御自宅を建て替えるにあたり、お姉さまご家族との二世帯住宅を提案させていただきました。

画像の説明

ワンルーム空間に、ベッド、バスタブ、トイレ、ミニキッチンを備え、天井リフト(XYレール)で移動できるように間取りを考えました。SY様が入院されていた、病院によると、このような【ワンルームケア介護住宅】は日本初との事で、学会で事例報告することになったそうです。

画像の説明

ワンルームケア住宅の設計にあたり、トイレの匂い、シャワーやバスタブからの湯気対策、トイレ使用中や入浴中の視線のカット等、多くの解決すべき課題がありました。

様々な施設を見学、病院の看護・介護スタッフの方々と何度も意見交換をし、加えて、様々な業種の職人さん達とも打合せを重ねました。

画像の説明

設計時点から、職人さん達と直接意見交換できる事も、プラスエム設計が取り組んでいる、オープンシステムの特徴のひとつです。

ワンルームケア介護の採用により、ご家族や介護STAFFの方々の負担が大きく軽減されただけでなく、ケアを受けるSY様自身がとても楽なようです。SY様の素敵な笑顔がその事を物語っていました。

画像の説明

SY様は専用電動車椅子を側頭部と顎を使って操作されます。家中どこへでも移動できるよう、出入口は全て引き戸を採用しました。また、SY様専用の玄関からスロープを通じて外に飛び出し、自らの力で近所を車いす散歩もできるようになりました。