スクリーンショット 2021-07-21 16


プラスエム設計では二種類のプレゼンテーションを用意しています。一つは新築・増改築の計画案のプレゼンで、もう一つは既存住宅の断熱診断&断熱改修のプレゼンです。進め方と費用を確認して頂き、面白いと思って頂いたらぜひお申し込みください。

ネットでの申込フォーム
電話でのお申込みは、0120-013-343


3名の一級建築士がプレゼン

スクリーンショット 2021-07-21 16

建て主は不安です。
「私たちの思いを分かってもらえるだろうか?」
「オシャレな設計をしてもらえるだろうか?」
「契約したら後戻りできないのではないか?」

大丈夫です。10万円(税込)で、3名の一級建築士がプレゼンテーションします。設計者の技量と人柄を見ていただく大事な機会です。プレゼンテーションを通して、「これなら安心して進めそう」と思って頂いたら、建築士業務委託契約を交わして設計を開始します。プレゼン費用として受取った10万円は、設計料として組み入れます。

プレゼンテーションを通して、「このまま進めるのは難しいかも」と判断されたら、そこで業務を終了します。プレゼン費用として受取った10万円のうち半額の5万円をお返しします。

スクリーンショット 2021-07-21 15

画像の説明

現地調査から2週間後をめどに計画案を作成し、プレゼンテーションします。①建て主の要望をしっかり反映させた案、②設計者の目線で修正を加えた案、③自分が家族ならこう住みたいという案をプレゼンテーションします。建物の配置、間取り、外観、内観などをCGで描き、何を重視して計画案を作成したか、3名の一級建築士が提案します。


断熱診断&断熱改修プレゼン

スクリーンショット 2021-07-21 16

「わが家は、冬寒く夏暑い」と感じている人は、断熱診断を受けてみてはいかがでしょうか。家の断熱はどのレベルか。どこを改修したら断熱性能が向上するのか。改修費用はいくらかかるのか。外皮計算による正確な数値を知っておくのは無駄でありません。

※プレゼンの結果、断熱改修をされる場合は、建築士業務委託契約を交わして改修設計を行います。プレゼン費用として受け取った5万円(税込)は、改修設計の費用に組み入れます。断熱改修されない場合は、プレゼン費用として受け取った5万円(税込)のうち半額の2万5千円をお返しします。

以下に断熱診断&断熱改修プレゼンの手順を記します。

1.住まいの調査

スケジュールを調整して訪問、断熱の状況を調査します。1〜3時間を要します。図面をお持ちの方は、(断熱の仕様がどこまで詳しく書かれているかによりますが)通常の半分程度に調査の時間を短縮できます。

2.作図して断熱計算

現状の建物を作図し、次の5パターンについて断熱性能を計算します。
①現状 ②窓を断熱改修 ③床下を断熱改修 ④屋根裏を断熱改修 ⑤外壁を断熱改修

3.断熱診断と概算工事費

断熱計算の結果に基づき、①〜⑤それぞれについて診断します。最も外気温の低い1月について、断熱による還流熱損失量、換気・漏気による熱損失量、日射熱の取得量、照明器具・家電・人体から発生する熱量を算出します。そして、必要なエアコンの性能、消費電力、電気代、二酸化炭素発生量を割り出します。さらに、②〜⑤の断熱改修について、それぞれ概算工事費を算出します。

住宅の断熱についてぜひ参考にしてください。
「住宅の室温と健康のリスク」
「住宅の断熱と気候変動との関連」
「住宅の断熱で二酸化炭素を削減」


鳥取県地球温暖化防止活動推進員
とっとり環境教育・学習アドバイザー
一級建築士 山中省吾


スクリーンショット 2018-10-05 8


プラスエム設計ロゴ

営業時間:9:00〜18:00
休日:土日祝・盆・年末年始
ご予約を頂いたお客様は営業時間外・休日も対応させて頂きます。

米子office 鳥取県米子市加茂町2丁目180
飯塚office 福岡県飯塚市弁分409-1