アウトドア仕様の家

こういう家づくりがあるんですね。建築業界の私が知らなかったとは不覚です。休日は山か海で過ごすことが多いIさんは、アウトドア仕様の家が夢でした。テラスや庭など、エクステリア関係の仕事をしているので、もちろん自分で施工しました。

画像の説明

Iさんは30代後半です。ブロック工事業を営んでいます。ブロック工事業とは、文字通りブロック塀を造ったり、レンガを積んだり、いわゆる建築の下請業のひとつです。したがって、多くの建築会社と付き合いがありました。

画像の説明

家づくりを検討し始めたIさんは、設備業者で働く友人に相談しました。「会社の経営のこともあるので、あまり金を使いたくないんだ。どこに依頼したらいいと思う?」

画像の説明

すると、思いがけない答えが。「それなら、オープンシステムがいいと思うよ。建築主が直に下請業者と契約するので、元請業者の経費が一切かからない。工事費全体の3割くらい浮く。これは大きいよ。Iさんが元請業者になったようなものだ」。

画像の説明

こうしてIさんは「原価で家を」つくりました。ブロック工事はIさんが、設備工事はIさんにこのやり方を教えてくれた友人が行ったのは言うまでもありません。